2022年8月4日木曜日

「線状降水帯」は新たな神の天罰か?

  今日は、北陸地方がこの線状降水帯の被害に見舞われています。ここ数年になって、ほぼ季節に関係なく、どの地域でも、この降水帯の被害に悩まされるようになりました。

 思い出せば、私は昭和生まれなのですが、子供の頃に夕立とかちょっとした集中豪雨はありましたが、こんな気の狂ったような豪雨は無かったような気がします。最近では「ゲリラ豪雨」という造語も生まれ、降水による被害が後を絶たなくなりました。

 線状降水帯とは、積乱雲が大量に


局地的に筋状に発生し、狭い地域を狙ったかのように大雨を降らせる自然現象です。私の地域も何度もこの被害に遭いましたが、まさに殺人的と言って良いほどの豪雨で、天が雨で人類を一掃しようとしているのか?と思うほど恐怖を感じます。

 これは、高気圧と低気圧の大気バランスが不安定な証拠と言われています。それだけ、地球上の大気の流れに異常が発生し始めたということです。もちろん、地球温暖化の影響と考えて良いと思いますが、これは地球大気の二酸化炭素量の増大が原因ばかりではなく、地球の磁場の流動自体もおかしくなってきていると感じます。

 地球温暖化は化石燃料の大量使用の原因とされていますが、これをスピリチュアルの別の面で見ると、人類が使用する電磁波の暴走とそれに伴う人間の幽体の損傷、そして意識のレベル低下も考えられます。この話題は、近いうちに記事にしますが、ただ、私はこの話題には、触れたくないのが正直な感想です。

 話を戻しますが、線状降水帯の発生は、天の神が人間に与えた人類への天罰ではなく、人類自体が生み出した新たな天災です。このまま行くと、さらに被害の規模が拡大するのは目に見えていますので、私たち自らが撒いた種と自覚し、特にこれからの時代を担う子供たちの命を守るという視点で真面目に取り組まなければなりません。

 残念ながら、私たち人間は、これから数十年先の未来にかけて、「大型台風」「線状降水帯」「ゲリラ豪雨」の天災と「地震」「火山」「津波」の地災の天変地異を経験することになります。まさに、「水と火の洗礼」を受ける覚悟が必要です。

 私たち一人一人に出来る事は、自分の身は自分で守り、家族をいかに守るかをしっかりと意識していかなければならないと言うことです。