2022年7月8日金曜日

安倍元首相、襲撃事件に思う

 本日の正午前にショッキングな痛ま


しい事件が起こりました。安倍元首相が奈良市で演説中に背後から銃撃を受け、お亡くなりになるという事件です。銃所持を認めていない法治国家の日本では信じられません

 私は、昨年の9月26日のブログ記事で、安倍元首相の守護霊について記しましたが、彼のご先祖は豪商で、その先祖霊がかかっているとの話でした。もっと大昔に遡ると、東北の安倍一族の流れを汲むように視えます。一国の首相にまで昇りつめる人ですから、当然、強運に恵まれ、守護神の力も強いものと予想できます。このような人であっても運が尽きる時は尽きるものです。このことは、本当に強運の人はいないという事を示していて、誰でも人生は油断せずに歩むものと心得るべきです。

 さて、この安倍さんの突然の死の原因については、スピリチュアル界で都市伝説的なものやオカルトじみた色々な憶測が飛び交うものと思いますが、これらは鵜吞みにせず、適当に聞き流せば良いと感じます。政治家と言うものは、衆目を集める立場にあるので、このような事は常につきものだということを理解しておかねばならず、政治家本人も覚悟しておかなければなりません。過去にも多くの政治家への襲撃が後を絶たなかったのを見ると良くわかるでしょう。

 さて、インスピレーションで、今現在の安倍さんの霊魂の状況を視ると、彼は無念だったと思いますが、自分の死をしっかりと悟っていて、彼の幽体(肉体意識に最も近い意識体)は奈良の病院と東京の自宅を移動し、この世での思い出に浸っているようです。事故死や突然死した霊は、その場に地縛霊として留まるパターンが多いものですが、早いうちに成仏されることでしょう。

 ご冥福をお祈りいたします。