2022年5月27日金曜日

自分で出来る「運勢占い」の紹介

 女性は特に占い好きと言われています


が、占いにも色々あります。

「星座占い」「十二支占い」「姓名判断」「手相占い」「血液型占い」「数秘術」「九星占い」「タロット占い」などなど・・・。数えればキリがないほどの占いが世の中に存在します。

 以前の投稿記事でも紹介しましたが、「スピリチュアル霊感」と「占い」は、本来は別物です。霊感は感性の世界ですから、他の人にはなかなか理解できないし、信用もされないので、実際に物というアイテムを使用して相談者に判断を提示する方法をとる必要が生じたのが、そもそもの占術の始まりです。

 普通は、霊感での予知などできないので、将来の事や運勢を知りたい時は、どうしても色々な占いに頼るしかなくなるわけです。また、霊能力者の類の人たちも意外と自分の事は分からないし、簡単に予知できないのも事実です。

 では、すぐに誰でも出来るような占い方法はないのでしょうか?そこで、インスピレーションで何かないか?と考えた結果、次のような方法をお勧めします。

① 何か行動したい事前に、〇か✖かを占いたい場合。

 就寝前の夜中に行います(なぜなら入浴もすんでいて身体も清めているし、神霊と交信しやすい時間帯だからです)。自分自身の心の中の神霊に祈ります。次に〇と✖を記した小さな紙片を3枚ずつ用意し(同サイズの計6枚)、それを外から見えないように丸めます。そして両手平の中に包み込み、その行動の是非を数秒ほど念じながら、両手からパッと離します。次に散らばった紙片を直感で3枚選びます。その組み合わせが、〇〇〇や〇〇✖なら吉です。それ以外は凶と判断します。それを3回繰り返します。その結果、吉吉吉や吉吉凶ならOK!というサインです。それ以外の結果ならその行動については見直しをしてみます。

② 気になる人が自分と恋愛対象になるか相性が良いかを占いたい場合。

 これも同様に就寝前に行います。小さなロウソクを用意します(もちろん自分自身の神霊に祈ります)ロウソクに火をつけ、その占いたい人の名前をつぶやきながら(なるべく息を吐かないようにして、顔や外見を思い浮かべず、ひたすら名前だけを念じます)しばらくジッと見つめます。恋愛対象となり、かつ、相性が良い場合は、ロウソクの火がかすかにゆれたり、点滅したりするものです。ただ、ほとんど真っすぐ伸びて燃えているだけではダメということです。この占いは5分程度で終了してください。長くやっても疲れるだけで意味がありません。たまに点滅したり、ゆらめくのは良くあることなので、5分以内の時間の中の少なくとも3分ほどを目安とします。もちろん無風状態で行うようにしてください。自分で息を吹きかけたりもダメですよ!なので1~2m以上はロウソクを離すべきでしょう。

 ゲーム感覚としてやってみてはいかがでしょうか?信じるか信じないかはあなた次第ですが・・・。