2022年3月23日水曜日

ゼレンスキー大統領のオンライン演説

  本日、18時頃から約15分間に渡り、ウクライナのゼレンスキー大統領の日本向けの演説が行われました。私も少しばかり視聴しましたが、武力衝突だけでなく、ネット配信やテレビ中継と言う形で主義主張を世界へ発信し、人種や国境を超えた多くの人々の世論を味方につけるという新たな戦略があることを見事に示していると思います。

 彼は、ウクライナと日本の地理的に長い距離を隔てても近似性がある事や親日的な姿勢等をアピールしましたが、私たち日本国民の目にはどう映ったことでしょうか?おそらく、人道支援を謳っている日本側からすると、ウクライナは被害者であり、ロシアは加害者という


構図が出来上がっていることでしょう。つまり、「善」と「悪」の戦いという抗争図です。なので、日本を含む欧米諸国側は、この戦争を「侵略戦争」と認識しています。ところが、本当の侵略戦争は、全くイデオロギーや経済的な確執や衝突が無いにも関わらず、予告なしに突然、他国を攻撃する紛争を指すはずです。今回のウクライナ、ロシア戦争は、それぞれの思惑の食い違い、意見の相違による衝突によって起こった戦争で、ロシア側にも理由があっての事です。残念ながら今でも罪もないウクライナの市民が戦禍に巻き込まれ、多くの命を落としているのが現状ですが、これが戦争なのです。戦争とはそういうものです。もし、大陸の隣国が日本に突然攻めて来たら、ウクライナの惨状と全く同じ道を辿ることでしょう。同じように、一番苦しみ、被害を被るのは、一般市民です。それは覚悟しないといけません。ゼレンスキー大統領の必死の訴えや熱い思いは分かりますが、かなり、彼自身も独走しているように見え、焦りが視えます。

 今後、ゼレンスキー大統領とウクライナはどうなるかの予言はあえてしませんが、今日のテレビで視た大統領の感じでは、彼の前途は、黒い煙のような暗雲しか見えなかったとだけ言っておきます。おそらく、テレビを視た方の中にも同じような感想を持たれた方も多いものと思います。