2022年3月17日木曜日

大地震発生とスピリチュアル

  昨日、23時36分頃に宮城福島で


震度6強の地震が発生しました。この地域では、東日本大震災以来、何度も地震が繰り返し発生しています。私もこのブログで、地震についての記事をいくつか紹介していますが、地震災害は、無いに越したことはないのですが、日本は地震国なので、地震による被害は避けようのない国土であることを理解しておく必要があります。

 ただ、予め地震発生を予知できればたいへん有難いものなのですが、今回の福島沖の地震についても、気象庁を始め誰も予測できていません。この地震発生について、スピリチュアルの面ではどうなのでしょうか?残念ながら、今回、霊能力者などによる予言や予知は一つもありません。つまり、霊感的なものでは予測できないという事で、予言も基本的にはあてにならないという事もあらためて理解できたものと思います。それは分かっているとしても、スピリチュアルの視点で誰でも予測できる手立てはないものでしょうか?そこで、インスピレーションで視てみる事にしました。

 地震発生の前には地震の夢を見るとの説については、これはあまりあてになりません。

地震数日前に夢を見たという人がいますが、これはたまたま偶然のことと感じます。ただし、本当の予知夢によるものも僅かながらありますが、この場合は、夢の中でその夢を見ている本人が大けがをしたり、何らかの生命に関わる重篤な被害に遭う夢です。しかも朝方の夢が多く、夢の直後に必ず目が覚めるもので、このような夢は要注意です。

② 数日前から訳も無く憂鬱な気持ちや不安感を感じたり、胸騒ぎがする場合があります。

ただし、地震震源地に近い場所にお住まいの方です。しかも、周囲に同じような人が増えてきた場合は要注意と感じます。頭痛や肩こりが出てくる方もいると感じます。

③ 発生数日前から「地震」とか「噴火」などの文字が良く目につくようになります。

何気なく町中で見渡した広告、看板や雑誌、新聞等で良く地震、火山噴火などの自然災害の文字や絵、記事やニュースなどが目に入るようになります。

④ 良く足元に関する異変が起こるようになります。

例えば、急に靴や靴下を無くしたり、破れたり壊れたりとか、足を物にぶつけやすくなったとか小さなケガをするようになったと感じた場合は要注意と感じます。

 これらは、ほんの一例にすぎませんが、スピリチュアルによるメッセージは自分の祖先霊や守護霊からのお知らせです。また、地震は、大地に関するものですから、足元に何らかの異変として警告があるものが多いと感じます。地震には、今後も警戒が必要です。