2022年3月1日火曜日

プーチン大統領と核兵器

  先日、元首相の安倍さんが、核兵器武装についてテレビ番組で言及されていたそうで、それに対し岸田首相は、核保有は今後もあり得ないと返しました。同じ自民党議員でも解釈の違いがあるもので、政治家連中はヨコの連携が取れていないと良く分かります。ただ、今のロシアとウクライナ紛争のタイムリーな時の話題には違いないのですが、安倍さんもこの問題についてはもう少し慎重にすべきで、あまり公の放送の場で軽々しく語ることではないと思います。


現在、プーチン大統領は、核兵器使用をちらつかせて、外交のカードとしていますが、もし、この核兵器を1回でも使用したら大変なことになるのは目に見えています。プーチンさんもそれが分からないはずはありません。

 例えば、国家間の戦争は個人のケンカに良く似ていると言われますが、殴り合い取っ組み合いのケンカに刃物や拳銃の凶器を急に持ち出すようなものです。凶器で相手を殺傷したら周りで見ていた仲間に同じように凶器で自分も殺されるようなものです。自滅行為になるので、さすがに強硬派のプーチンさんでもあり得ないと思うものです。

 ところが、少し心配な面があります。テレビで彼の様子を視ていて、おそらく気づいている他の霊能者も多々いると思いますが、彼の眼光がおかしくなっていることを強く感じ、精神異常をきたしている感がします。これはもともとの性格もあるのですが、何か霊的なものに憑依されて裏から突き動かされているような感が強く出ています。実は表には出ませんが、彼自身も昔から、お抱えの占術・呪術者がいて、良く相談をしているようです。この呪術者がどうも怪しいと感じます。あまり良い気を感じません。私は西洋の悪魔崇拝や魔物については詳しくありませんが、そんな感じのものです。プーチンさん自体も最近、ぽっと思考状態が空白になることがあるように感じますが、本人もそれが分かっているようで、気にはしているようです。何かの判断ミスで、核兵器使用にゴーサインをしてしまったら・・??それこそ大変な事態になるので、今後は私も少しでも力になれるように祈祷祈願に力を注ぎ、魔物と対抗できるようにしたいと思うところです。