2021年9月26日日曜日

成功者には高い神霊が憑いているの?

 社会的に成功した人は、スピリチュアル的に見て、

常人とどう違うのでしょうか?さぞかし立派な守護霊や神様が憑いているのではないかと考えがちです。極端な例として、総理大臣や閣僚、はたまた一流企業の会長、社長など・・・です。
 そこで、今回、このような成功者と呼ばれる方々を霊感で見てみたいと思います。例えば、前首相の安倍氏や現総理の菅氏などです。政財界や医学界、文学界など各界にはそれぞれ頂点を極めた人がいて、どの人が一番偉いとか凄いとか言えませんが、このお二人は、誰でも知っていて、分かりやすく、まさに日本のトップの地位にある人たちです。
 まず、安倍氏です。この方の先祖(江戸後期~明治頃?)は何らかの商売で経済的な発展を遂げたのを感じます。その時代のご先祖の魂が強く懸かっているようです。この憑いている方は、政治の世界に関心の強い方で、安倍氏本人を若い頃から強く突き動かしていたように視えます。元々は、安倍氏本人は若い頃はあまり政治の世界には関心が無く、本来の本性は、どちらかというと文学系、芸術家タイプのような気がします。
 次に、菅氏ですが、この方の先祖は、地方の豪農の家の出に視えます。この方には、ご先祖の中で、特に御祖母?の霊魂の守護を強く感じます。本人は、かなりの野心家で、若い頃は、はっきりしませんが、何かの分野で世界に名を馳せたいとの思いが強く、努力勤勉型でした。ただし、頑固なところがあり、あまり人の話を聞かないのが欠点です。この方は、今回、総理の地位を勇退されて正解と感じます。お二人に感じるのは、特別凄い神様や高位の神霊がついているかというとそうでも無いということです。普通の市井に生きる無名の人の中に前世が国王だったり、凄い守護霊がついていたりするものです。結論を言うと、社会的な成功と守護神のレベルは比例しません。