2021年8月16日月曜日

メンタリストDaiGo発言を考える

 メンタリストのダイゴさんは、最近、TVで見なくなったと思ったら、今、ユーチューバーとして活躍されているんですね。登録者数が数百万となると数億の広告収入があるようですから一躍、時の人、大富豪です。本人は、「勝ち組」としての自負と驕りが出てくることでしょう。有名ユーチューバーともなると、このような心境になるのは仕方のない事と思います。今回のホームレスの方々に対する命を軽んじる発言はその流れも多々あることでしょう。貧しい人は「負け組」富める者は「勝ち組」というように二極化の思考があるからです。

 人生には、どうしてもタイミングと状況があります。


どういうことかと言うと、どんなに努力して頑張ってもうまくいかない事が多くあり、艱難辛苦の目に合わされる時があるものです。ホームレスになった方々は、色々な事情がお有りでしょうが、その時にどのような人生岐路の判断をしたか?で選択の分かれ道になったと思います。この世には、暗中模索で生きるルールがあり、自分の思い通りにいかないことが多いものです。神さま仏様と祈ってもダメなときはダメです。そこをしっかりと認識しておくことです。この世の成功者は、狡猾な知恵や知略に長けた者や元々、持って生まれた環境や境遇、才能によるものがほとんどです。成功したから人間的に凄いとか霊的にも魂的にも優れた人物ということは決してありません。むしろ、職の無い貧困者やホームレスの方々に霊的にレベルの高い人も大勢いるものです。

 生命を霊的な大きな長い目で見ると、現在の成功者は、過去世に貧しい時代があったりするものです。現世で失敗したと感じている人は過去世に一国の国王や大富豪だった時代もあります。人を見る時は、今の姿だけでは無く、魂レベルの長い視点で見る必要があります。そうなると、人は全て皆同じレベルに並ぶと気づきます。ダイゴさんもメンタリストを名乗っているのであれば、スピリチュアルを怪しいオカルトの世界とばかり見るのではなく、もう少し勉強してほしいと思います。