2021年1月27日水曜日

南海トラフ地震はいつ来るか?

  最近、ユーチューブやティックトックなどのスピリチュアル系の投稿動画を見るとこのタイトルの話題が多いですね。我が国は、近年、阪神淡路大震災や東日本大震災などの地震被害で痛ましい多くの犠牲者が出ましたので、特に地震に対しては警戒レベルが過去に例を見ないほど高まってます。

 次に確実にやってくる大地震は、「南海トラフ地震」と言われています。公的な予測では、今後30年の間に約70%の確率で発生するとのことですが、それは明日起こっても全くおかしくない状況だそうです。この地震予測については、先ほどのスピ系の動画のほか、ブログの投稿記事にも散見されます。その多くは、予言めいた様々な見解が見られますが、皆さんはこれらをご覧になってどう思いますか?

 この大地震は、将来的に何年先に起こるか分からないけれども必ずと言っていいほど起こるものですが、色々なスピ系の内容は、いたずらに恐怖心を煽って、不安を助長しているようなものが多いような気がします。はっきり言って、本来の予言は大まかなものしかわからないはずです。これは以前の投稿記事でも似たようなことを挙げましたが、運命はある程度決まっているのがこの世のルールであるので、私たち人間は予測はできても知ることはできないのです。これは本来の絶対的なルールであるので、〇年〇月〇日に地震が起こるなんて予言できるのはナンセンスです。ホントに大まかな事しか分からないはずです。

 そこで、私のインスピレーションを紹介したいと思います。


南海トラフ地震について感じた事ですが、①1回の超巨大地震が突発的に起こるのでは無く、短期間の内に複数回に渡り、ある程度分散して起こると思います。②発生する時期は、おそらく西暦2050年~2080年の間と思いますので、予報よりかなり後の頃と思います。③津波も発生しますが、太平洋沿岸部に東日本大震災のような大規模な被害はもたらさないと思います。当たるも八卦当たらぬも八卦です。ご参考にしてください。