2020年10月2日金曜日

子供は母親を選んで生まれて来ている?

  


   最近、スピリチュアル世界で良く話題になっているテーマです。皆さんはどう思いますか?実際に子供から前世の記憶を聞かされて驚いた経験のある方が多いとのことですが、その中に「天国からお母さんを見ていて、この人の子供になる」と決めて生まれたとの話があります。さらに続けて、人生は自分で設計したものなので、人生上の乗り越えられない壁は無いと続きます。母親の立場から見たら涙ウルウルの感動ものでしょう😂

 例えばAちゃんがBさんを母親として選んで生まれるとしたならば、確かに自分で作った人生プランを同時に立てなければならなくなるでしょう。ところが、この世は、自分中心に自分一人が生きるわけではありません。Bさんの人生のみならず、家族やいずれ出会う友人や恋人、学校のクラスメート、職場の同僚など何百、何千、何万の人たちの人生とのすり合わせをしなければならなくなります。そんなこと、一人の人間の能力ではとてもできません。少し考えれば分かることです。幼少の頃の子供時代は、知識の積み重ねはありませんが、大人顔負けの想像力豊富なものです。また、思い込みも非常に強いのも特徴です。私たちは大人になると、そのほとんどを忘れています。選ぶのでは無く、「選ばされた」という方が正しい表現で、人霊の上位の存在(神霊)がある程度、選択し、配置するもので、それを本人が生まれる前に出生予定の家族の様子を見ているものと思います。

 もし、子供が「ママを選んで生まれてきた」の発言をしたならば、否定せず、ちゃんと受け止めて、ギュッと抱きしめて愛情を注いであげてください。自然とそのような発言は無くなるはずです。夢を壊すようで申し訳ないですが、これが真実です。

 前回の投稿記事で、「運命はある程度決まっている」の話をしましたが、運命もまた、このような他人との人生のすり合わせの中で決まって行くものです。これは、私たち人霊の遥か上位にある「神」の存在にしか出来ない仕業です。なので、「神のみぞ知る」という言葉が昔からあるのです。私たちは、どのような運命が待ち構えていようとも恐れず、全力でぶつかって行くのみです。私も偉そうにこのようなインスピレーションを述べていますが、自分の運命はホントに分からないのです。皆さん、一緒に頑張って行きましょう❗