2020年9月11日金曜日

台風予報と運命予知

  数十年に一度と警戒された台風10号も思ったほどの甚大な被害を出すことなく過ぎました。ただし、今後はこのような勢力を持った台風は多発すると思われるので、油断は禁物です。今の私たちが出来る事は、避難経路や方法の確認、住まいの補強等の災害対策を十分にしておくことしかないと思います。今後に備えましょう😅

 さて、最近の天気予報は、良く当たるようになったと思いませんか?特に台風の進路予報については、ほぼ正確ですよね。これも気象衛星等の発達等により、観測の精度が向上したためと思われます。そこで、私たちの人生の運命、運勢もこのようにある程度、予測できないかなー?と思いました。前回の投稿で、「運命はある程度決まっている」と言いましたが、運命もこの台風進路予報と似ているなと感じたところです。台風の場合は、その発生した場所や周囲の自然状況、地球の気流の方向等で進路がほとんど確定すると思います。人間の運命だってそうじゃないかと感じます。私たちは生まれた環境、身体の状況、周囲の人間関係等は人それぞれ皆違います。その時点で、ある程度の運命は決まるという事です。

 このポジショニングについては、私たちの遥か上位にある神レベルで決定づけられるものです。これに逆らうことはできません。だから、私たちは、未来を予測できても知ることはできないのです。でも、それをある程度分かったら便利だと思いませんか?ちょっとこの世のルール違反になるけれども、自分の予測なので神様にもそんなに叱られない??と思いますが・・。


 実は、台風の予報がヒントになると思います。先ほど、気象衛星が出てきましたが、この衛星って遥か地球の上空を更に超えて宇宙空間を周回していますね。だから全体を俯瞰して観察できるのです。ということは、私たちの運命も同様で、自分を離れて、時間軸全体を高い所(第三者的な目線)から見下ろせば良いわけです。過去→現在→未来の過去と現在の流れを見ると自然と未来も見えてくるものです。ただし、自分の普段の意識を離れないとダメです。自分の今までの行動や考えなどの様子を全く他人の目線で見られるようになれば、しめたものと思います。これには個人の願望や感情をいかに排除できるかにかかっています。この具体的な方法が「瞑想」ということになります(私は、瞑想を学んだこともありませんし、普段も実践していないので、これは私の感じたインスピレーションです。なので、詳しいレクチャーはできません。ゴメンナサイ)「瞑想」も達人の域に達すれば、未来までも見ることが出来るようになると感じます。

 ただ、生半可な気持ちで実践してもダメと思いますので、非常に難しいものです。この瞑想については、いつかの機会にまた触れたいと思います。