2020年7月27日月曜日

ホンモノ霊能力者の見分け方

 私の家族は、結構、神霊関係を信じる方でして、子供の頃から所謂、「神様」と呼ばれる(霊能者)のところに連れていかれました。私も霊的なことに強い関心があったものですから、色々なお話をさせていただきましたが、「ちょっとこれは??」というような胡散臭い方もいました。
 霊能力者は確かに、他の人に比べて、特殊能力を持っていますので、神霊的な障りとか原因の分からないことについては頼りになる相談相手です、皆さんもおそらくお世話になった方も多いと思います。
 そこで、今回は、気を付けてほしい霊能力者を箇条書きで紹介したいと思いますので、ご参考にされてください。
① 時間設定で、多額の謝礼金を要求する。
 この理由はもうお分かりでしょう。一時間数万円を要求する場合もあるそうです。これはもう本末転倒です。なぜならば、精神世界は、病院のように診察や服薬もありませんから、明確な金額設定ができません。にもかかわらず、時間を区切って〇万円以上の金額を要求するのは詐欺商売です。彼らも生活があるので、金額を報酬として受け取るのは悪くありませんが、霊能力も波があり、日によって精度も変わってくるのに金だけは一律に支払わさせるのはおかしな話です。
② アイテムを使用する頻度が高い。
 例えば、筮竹占いとかタロット占い等の「占い」と割り切っているのは占いなので霊能力ではありませんから仕方が無いのですが、霊感を謳っているのに妙に色々なアイテムを使うのは❓❓です。ホントに凄い霊能力者は相談者が目の前に来ただけで全て見通してしまうものだそうです。
③ いたずらに恐怖を煽る。
 何のために相談に来るのか?救いを求めてくるからでしょう。こうだからこんな風に災いが起こるとか、癌が体にあるとか、人の不安を煽って終わるような人はダメです。
 また、悪い結果が出たら、必ず解決策を教示するはずです。医者で言えば、セカンドオピニオンです。これが無い霊能力者はダメです。
④ 人を見下す言動や不遜な態度が見られる。
 このような態度をとる人間にも稀にホンモノの霊能力者がいますが、そう長くは続かないでしょう。なぜなら、霊能力者は選ばれた選民では無く、世のため人のために尽くす人々の支えにならなくてはならない存在だからです。そこを勘違いしている霊能力者は、まず偽物と思って間違いないです。
⑤ 家系上の先祖を見抜けない。
 これは、実は非常に難しいです。なぜなら、ほとんどの
方が正確に自分の家のルーツを知らないからです。「どうも先祖は武士だったらしい」と言っても長い歴史の中で同じ家系でも武士だったり農民だったりの時代もあったでしょうし、遠い昔のことは大方が分からないからです。なので、私たちも普段から我が家のルーツを最大限に努力して調べておくことです。私たちに一番身近な霊はご先祖様方です。この根幹ともいうべき霊的な存在である家系をしっかりと見抜けるのがホンモノの霊能力者です。