2020年7月12日日曜日

なぜ願望は叶わないの?(その3)

 例えば、空をこの場ですぐ飛べるとか、全世界の人間を服従させるとかの突拍子も無い荒唐無稽ともいえる願望は問題外ですが、個人レベルの願いならば大いに祈願して結構と思います。あなたが個人的に幸せになろうが不幸になろうが、全体としての大衆にとっては痛くもかゆくも無いので、気にしなくて良いです😦
 また、願望達成のプロセスは、時間がかかるということですので、叶うということを強く信じて継続し続けることです。願いが叶わないという人は、なかなか希望通りにいかないので途中で諦めてしまうパターンが多いと思います。忘れた頃に幸せはやってくるものです。それが、この世の法則です。時間がかかるのは、他の人の人生や、周囲の世界線と上手く微調整しながら更新されるからです。
 その願いは、己の欲望を満たすものかも知れませんが、人に迷惑をかける行為でなく世のため人のためになるものでしたら大いに結構です!
 ただ、この世には「全体律」というものが確かに存在していると感じます。一人の人間の欲望レベルを遥かに凌駕しているものであり、これを司どるのは神と呼ばれる存在です。個人の全ての願望が叶わないのは全体律のそのストッパーが掛かっているということがその理由です。
やはり、神という存在はここでも私たちに関与してくるのです。