2020年6月7日日曜日

仮想現実??

 「10秒前世界創造説」という面白い説があるそうです。この世は全て何者かにプログラミングされた世界で、それもつい先ほどという説なのですが、これは、完全に論破することができ無いそうで、なかなか面白いですね(^^)
 また、最近、この世はホログラミングだとか、仮想の世界だとかの説が多く出回っていますが、皆さんはどう思いますか? 
 仏教の教理にもこの世は「虚仮」という考えがありますので古くからあった思想ですが、最近のスピリチュアル界ではマトリックスという仮想現実を主体とした映画が公開されてから急に増えてきたような感じがします。
 簡単に言うと、私たちのこの世の森羅万象全ては全部、自分が創り出した或いは何者かに創られた仮想の世界であり、私たちもプログラミングされて生きているとの主張です。
 でも、もしあなたが急に亡くなったとしたら世界はどうなるでしょうか?あなた自身は意識が喪失されますから、全く世界を感知できなくなり、あなた自身にとって世界は消失したも同じです。しかし、周りの人はあなたの亡骸を見下ろしてることでしょうし、世界は何も変わらず淡々と続いて行くことは予測できますよね。
 つまり、この「仮想現実」の論法は、自分という個の意識と世界は完全に切り離されているという事実を見逃している論述に過ぎないということです。
 あなたの意識が世界を創っている訳ではありません。この世の物全ては形を変えて刻一刻と動いています。
不変のものはありません。仏教の「虚仮」という思想は、所謂、「諸行無常」を唱えたもので、仮想現実とは少し趣が異なります。
 私たち一人ひとりの意識は、確かに全宇宙に匹敵するほどの唯一無比の尊いものには間違いありませんが、各個人を中心として世界は創出されているものでは無く、何者かに創られ、用意されているステージで生かされている存在であることを忘れてはいけません。
 誤解してほしく無いのですが、その何者かとは、仮想現実論のプログラマー的な単純なものではありません。