2020年5月12日火曜日

自分って何者? その3

 その時代時代の霊覚者と呼ばれる宗教の開祖や聖人たちの真意も分からず、後世の人が勝手に解釈して歪曲した例はたいへん多いと思います。
 「自分は何者か?」に迫るにはどうしても霊覚的なものに頼らざるを得ないのです。
 この世で50年間生きた人の意識は、肉体意識が主導であり、肉体の脳がその意識の主体ですので、霊魂を否定しているこの世的な常識に則れば、永遠に謎は深まるばかりで、未来永劫、解明されることは無いでしょう。
 私たちは、現世の常識をシフト、否!ジャンプするぐらいしないとこの問題を突破することはできないでしょう。
 自分っていったい何者?を真剣に考えたいのであれば、まず霊魂や神霊関係、あの世などの異世界の存在をまず肯定して信じてみることからがスタートになります!😲
 さて、みなさんはどう思われますか?